現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
チャリでちょっとそこまで♪~鎌倉・湘南・江ノ島編1
こんばんわ~。



更新が一日あいてしまいました。



すべての元凶はテストです



寝不足でこれ書きながら寝たりして変なところクリックしたり全部消したり。。。色々と疲れました。




ま、そんなわけで今日は鎌倉です!!イエイ!!・・・



今年のG.Wにちょっと鎌倉まで行った時の写真です。



(最近時間がないから大量に写真載せてごまかしてるわけではありません。。。たぶん)





・・・









まっ、と、とにかく鎌倉の雰囲気を少しでも味わっていただければと思います
はい



まずは鶴岡八幡宮から。



入り口の鳥居。








DSC03898.jpg






テクテク・・・(注:歩いている音












DSC03903.jpg




↓おじいちゃんと孫と鳩(なんかこういうの好きです♪


DSC03906.jpg




ここで歴史のお勉強。読み飛ばさないでね♪






<鶴岡八幡宮 の歴史(御由緒)>



 鶴岡八幡宮は康平6年(1063)源頼義公が奥州を平定して鎌倉に帰り源氏の氏神として由比ケ浜辺にお祀りしたのが始めです。




 その後、源頼朝公は鎌倉に入るや直ちに神意を伺って現在の地に八幡宮を移し祀り、建久2年(1191)には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えました。鎌倉は、このころすでに事実上、京都と並んで政治文化の中心となっており、頼朝公は関東の総鎮守として崇敬の誠を寄せました。以後、国家鎮護の神として多くの人々の崇敬を集め、全国津々浦々にお祀りされ、広く国民から尊崇されるようになりました。




 御本殿は文政11年(1828)、江戸幕府十一代将軍徳川家斉公の造営で代表的な江戸建築です。また、二代将軍徳川秀忠公が修造した若宮とあわせ国の重要文化財に指定されております。境内には源平池を始め、静御前で知られる舞殿、鎌倉幕府三代将軍源実朝公が斬殺された大石段脇には、大銀杏が樹齢千年の貫禄とともに八百年の長い歴史を伝えております。表参道である段葛、若宮大路から眺める社殿は漆の朱と山の緑と空の青が見事に調和して、その美しさには驚嘆するばかりです。







DSC03909.jpg




そしてこの日の空。(ちゃっかり)


DSC03911.jpg




池もごらんの通り。(源平池と言います。)


紅葉のときは本当に奇麗だろうな~


DSC03923.jpg









↓日傘もなんとなく似合いますねぇ。



DSC03928.jpg








↓鳥居に接近してみました。


DSC03930.jpg








↓一度はのってみたい人力車と一度はのっている二輪車


DSC03935.jpg







・・・




今日はこんなところで許してくだされ


この続きは大仏様と湘南の海、江ノ島があります。


乞うご期待!




これから紅葉が見ごろを迎えます。


12月上旬までは楽しめるみたいです。


是非行ってみてはいかがでしょうか。


自分いきたいっす。。。




<リンク>

鶴岡八幡宮が好きになってしまったあなたに!
もっと勉強したいあなたに!(紅葉写真が奇麗です♪)

↓↓↓↓↓
鶴岡八幡宮公式HP




紅葉情報が検索できます。こちらもどうぞ♪
↓↓↓↓↓
紅葉2005~年々遅れる紅葉








ブログランキングに参加しています!
楽しんでいただけましたらクリックをお願いいたしします(^^)

現在12位です!!
いつもありがとうございます!!これからもよろしくお願いいたします。



写真を見た感想や意見もお願いいたします。コメントを頂けるととても喜びます  
TBも大歓迎です♪
 






さて寝てから勉強だ~。
力抜くと必修の上になかなか難しいので再履修という非常に楽しいことになりますキャハ←
それだけはなにがなんでも避けるべし!!
スポンサーサイト
2005/11/22 23:52 | [旅] チャリ散歩♪ | コメント(6) | Trackback(1) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。